住みよい環境造りを追求する



自社完成工事代表作

全景

第1位
主要地方道氷見田鶴浜線
道路バリアフリー化促進工事(交安1種)

2005年3月撮影
(コメント)
冬季間における土工事に大変苦労しました。又、初めての電子納品にて、担当監督員に多大なご迷惑をおかけしながら何とかやり遂げる事が出来ました。

全景

第2位
都市計画道路川原松百線
緊急地方道路整備(街路)工事

2006年7月9日撮影
(コメント)
工事開始から完了にいたるまで地域住民の皆様方には大変お世話になりました。この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。地域住民の皆様方の御協力もあって、現場の仕上がりは誇りを持てる仕上がりになり、完成検査時には素晴らしい評価を頂きました。今後もよりいっそう精進し、誇りの持てる地球の芸術家になれる様に頑張ります。

全景

第3位
平成19年度 県営ほ場整備事業
(経営体育成型) 西三階地区 区画整理工事

2008年3月21日撮影
(コメント)
西三階地区における第1期ほ場整備工事であったので、ものすごく肩に力が入りました。河川改修が計画されている河川沿いのほ場整備工事であり、その河川に接する調整池の施工位置やそれらに準じて決めなければならない計画ほ場の位置、ほ場整備計画と河川改修計画とのにらめっこにより、発注者との協議に大変な時間がかかりました。西三階地区土地改良組合さん他、地域住民皆様方の御協力により、円滑に工事を進めることが出来ました。この場をお借りして感謝申し上げます。『ありがとうございました』

全景

第4位
平成17年度川原松百線整備工事その1

2005年8月25日撮影
(コメント)
七尾市街地への重要な路線における道路工事であった為、昼夜を問わずに施工を行いました。近隣住民の皆様方や規制期間中に走行された一般ドライバーの方々に多大なる御迷惑をお掛けしましたが、皆様方の御協力の下、無事故・無苦情にて完了することが出来ました。ありがとうございました。

全景

第5位
平成18年度 川原松百線整備工事

2006年8月上旬撮影
(コメント)
七尾市内主要道路の小丸山公園下交差点において、旧道から新道への交差点振替が工事の最重要課題でした。現場周辺地域住民・各町会・所轄警察署・JR・道路管理者等、皆様方の御協力のもと無事故・無苦情にて完了することが出来ました。ありがとうございました。

全景

敢闘賞
平成19年発生災害 矢田田復旧工事2020-9117

2008年5月15日撮影
(コメント)
1月の冬空に、この工事現場を最初に見たとき、春の田植え迄に工事を完成させることが出来るのであろうかと途方にくれました。去年の10月頃、稲刈りが終わった直後、豪雨による河川の氾濫。土石流により河川内に転石が堆積し、河川沿いの田圃へ土砂が被り、今回の災害復旧工事となりました。冬場の土工事で、設計内容は被災した田の土砂を排土し、被災していない河川下流側の田を基盤嵩上げするというハードな内容でした。発注者からは早急に作業に取り掛かるように、何度もお叱りを受けましたが、気温も上がらない冷気の降りしきる状況で土を触る事が、春先への工事完了に繋がらないと当社は判断し、発注者との協議により工期延期による春先での工事施工を行わせて頂きました。田圃の地権者さんや耕作者さん、そして発注者側としてはあせりや苛立ちもあったと思いますが、最終的な現場の仕上がりは各地権者さんが満足出来る仕上がりになったと、自信と誇りを持って言える品物を作る事が出来たと私どもは思っています。いろいろと御迷惑をおかけしましたが、今後とも宜しく御願い致します。


前のページ

トップへ戻る

次のページ